『やる気』出す方法、出る方法と解説!モチベを保て!

はい、どうもこんにちはしゅーとです。

今回は、やる気を出す方法、出る方法と解説、というテーマでお話していきたいと思います


  • 出ないのには原因がある
  • 人には色んなパターンがある
  • 出す、出る方法(解決策)
  • 結論

  • 出ないのには原因がある

まず原因から解説します。出ないのには、ほとんどの場合は原因があり、そのせいでやる気がでない事が多いです。


1.嫌なこと、やりたくないこと

2.精神的、肉体的に疲れている

3.ストレス、悩み考えごとを抱えている

4.動く気にならない、めんどくさい


やる気が出ないことは多いので分かりますが、僕の場合はほとんどが1,4です。

やりたいこと、やってて楽しい事って、気づいたら自然とやってる事ってないですか?

やりたいことだけやって生活出来たらどれほど幸せか。

1.嫌なこと、やりたくないこと

これは、人間なんで当然です、誰だって嫌なこと、やりたくないことなんてしてても楽しくないし、極力したくないですよ。いざしようと思っても、見ただけでやる気が失せますよね。

2.精神的、肉体的に疲れている

実体験で、実際に辛いことがあり、疲れている状態です。学校でも仕事でもそれ以外にも、精神的に来ることは常にあります。元々弱い人なら、精神的に疲れるのはしょっちゅうの事だと思います。最近でも肉体労働、肉体的に追い込まれる事は慣れていないときついですよね。

3.ストレス、悩み考えごとを抱えている

イライラしているときはストレスが溜まってる状態で、悩み考えごとは、解決出来ずずっと頭の中でモヤモヤしている状態です。その中には不安もあり、やる気とかそれどころじゃないですよね。

4.動く気にならない、めんどくさい

確かに楽しいことでも、めんどくさいなって思い、なんとなく意味もなくやる気にならないときはあります。気分しだいってやつですね。最初はやる気になってしたとしても、めんどくさくなって急にやる気が失せる時もありますよね。

  • 人には色んなパターンがある

人には色んなパターンがあります、その中でも自分はどれなのか当てはめてください。悪い例の場合、そもそもその生活習慣から変えていかなければやる気なんて起こるはずがありません。

『例えば』

課題とかもそうです、やりたくないと思っていてもいずれ絶対にしなくては行けない、一つずつ片付けて行かなくてはいけないことを、どんどんと溜めてしまう。そのせいで気づかないうちに自分を追いつめている。

中には、全部すぐにやってしまう人もいれば、最終日に徹夜してでもやる人もいる、一番最低なのは、開き直ってやらなかったのを正当化する人もいる。

なぜこういうことが起こるかを考えれば分かりますが、一人一人の生活習慣、自分をどれほどコントロール出来るかにあります。

『良い例』

すぐにやってしまう人は、やりたくなく、やる気なんてものもなく、それでも何に対しても積極的に取り組み、その後の事を考え、とりあえず行動することができる。

つまりこういう人達は、追いつめられることもなく、余裕がある人間で、色々挑戦も出来、1日1日有意義な時間を過ごやすことが出来るでしょう。

『悪い例』

一方、逆に、いつまでたっても、明日やろ、後でやろうとばっかりする人がいますが、その人達は、大体は追いつめられるまでしないでしょう。(諦める人もいますけど)

そして余裕もなく、1日1日無意義な、時間を過ごす人が多いです。例えば、何にもやる気出なかったから1日中寝ていたなど、あなたはどうですか?

『結論』

確実に1日1日有意義な時間に出来ている人の方が、成功できる確率は大きいです。

毎日継続していることでも1日休めば、やる気はなくなります、どれだけやる気が出る生活が出来るかどうかに関わります。

出なくても良いんです、少しずつ少しずつ、とにかく行動してください、気持ちはその後ついてきますから。

  • 出す・出る方法(解決策)

ちょっとした、やる気の出す方法、出る方法、解決策を教えます。

生活習慣に取り入れてみるのも良いでしょう。

『やる気の出す方法』

出すと言うのは一時的なだけですが、出ないと始まらないのでとにかく試してみてください。


  1. 好きな音楽を聴く
  2. 好きな食べ物を食べる
  3. 適度な運動
  4. 手をつけてみる
  5. 先の事を見据えてみる

僕はこの中でも、とにかく手をつけてみる事が一番大事だと思います。手をつけると大体は気づかない間に、時間がたってたりします。結局やるかやらないかです。

『やる気の出る方法』

出ると言うのは、自然とやる気が出てくる方法です。


  1. 尊敬する人、ライバルを作る
  2. 生活習慣を変える
  3. 将来設計
  4. 計画を立てる
  5. 毎日絶対継続
  6. 若い時ほど自分に厳しく、忙しく、努力し、休みは与えない

成功してる人を見ると、これを全部出来てる人が多いです。若い時ほど、暇な時間は与えず努力をしてます。

これを計画的にするからこそ、やる気、モチベーションが保てるのだと思います。

『解決策』

1.嫌なこと、やりたくないこと

嫌なことからずっと逃げているのは、それは問題解決してるのではなく、ただ単に避けているだけです。嫌なこと、やりたくなくことは、これから先の人生にもいくらでもあります。いつまで逃げ続けるんですか?それじゃなにも成長しません。やる気が出ないかもしれない、だけどそれは甘えているだけです。あなただけではなく皆一緒です、ですがそのままだとその人達と同じ道を行くことになります。

ホントに嫌で、やりたくないと言うなら、もう一つ、辞めると言う手もあります、メリットは、自分のしたいことだけして生活していける事です。

ですがこの場合、また同様、一つでも嫌なことがあれば、辞めるという道を選んでしまうのではないでしょうか。

嫌なことでもやる気出なくても良いので、まず手をつけてやってみてください。意外と好きになりやる気が出るケースが多いです。

2.精神的、肉体的に疲れている

ちょっとしたことで疲れてしまう人、疲れたことのない人、人それぞれだと思います。ですがそれは慣れていく行くしかないです、日々に置いて避けることは出来ない道なのです。

そのせいで引きこもりや、自殺が多いのは、確かです。そうすれば精神的・肉体的苦痛から逃げることが出来るからです。しかし、今の現状、慣れるしか許されない時代です。そうなるとやる気とかそんなどころじゃないですよね。

3.ストレス、悩み考えごとを抱えている

その上更に、更に家から出ろと言われた場合、その人からしたらもうストレスが溜まり精神状態が安定せず、何らかの病気、もう生きてるのが嫌になる人も次々に増えていきます。

解決策は、今のところ誰かに相談するか、自分でしてて楽しいと思うこと、自分のストレスを解消出来るような事をして生活していかないと絶対に精神は保てないです。寝るとかでも良いでしょう。

その上で一時的にでも良いので少しずつやる気も出てくると良いのですが。

悩み考え事で頭の中がモヤモヤしている人は、早めに解決さす事が必要です。ずっとモヤモヤした状態だと絶対と言っても良いほどやる気なんて出ないです。無理です。頭の中スッキリさせてください。

4.動く気にならない、めんどくさい

これに関しては、圧倒的に甘えてますよ。甘えまくってますね。人生なんてめんどくさいことしかないですよ。言えることはとにかく動いてください。

それでも動かない人は、もう救いようないですから、一生開き直ってそれで生きていってください。それは誰も悪くないです、全部自分が悪いです。言ったことを全部試してください、それで無理だとすればもう、どうしようもないですから諦めていいです!楽な道歩んでいってください。

  • 結論

やる気とは、勝手に起こるはずないです。起こるのを一生待っていれば、日にち過ぎていくだけです。

今すぐ行動してください。行動が無いものに何も訪れない。

将来の自分を設計し、計画を立て、生活習慣を変え、計画を習慣化していってください。それをサボることなくしていれば絶対に気持ちはついてきますので、これだけはしていってくださいね。

ありがとうございました。

しゅーとでした。@syuto_spl_

広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です