『しゅーと式』2ヶ月で10kg痩せる事が出来た方法を公開します。

今回は実際に僕が2ヶ月で10kg痩せることが出来たので、その方法を紹介したいと思います。

今の僕の現状
凄いことに、どんだけ食べても全然太らない体になってしまいました。

知ってる人も居るかもしれませんけど、最近は全く運動もしてないですし、YouTubeで日常系動画、Vlog系のルーティン動画とかも出しているので見れば分かるんですが、実際最近とかだと5、6食くらい毎日食べてます。

それでも増える所か、なぜか逆に体重が減ってるんです。正直これには自分が一番驚いてます。

デメリットとしては、食べるのが好きになって、お金の減りが凄い早いです。

ダイエットをしようと思った理由
ダイエットをしようと思ったのは、単純にモテたいとかでした。太ってるとモテないし、みっともないし、そもそも汚物的存在?って感じだったんです。

でもなんとなく痩せたいなって気はあって、ダイエット器具とか、サプリメントとか、本当に色々買って試しましたが全く効果がありませんでした。

今見てくれてる人の中でも、昔の僕もそうですけど、本当は痩せてモテたいと思ってる人、少なからず居るんじゃないですか?

本当は痩せたくて色々試したけど、成功出来ていないって人居ますよね?

成功出来たダイエット法
僕が実際に成功出来たダイエット法ってのは、痩せると言うより太らない体を作るって感じです。

顔は元が悪いのであれですが、体はキレイに仕上がったので、そこから色んな人に告白されるようになりました。まあ性格が良いってのもあるんですけど(冗談です)

だからリバウンドもなく、健康的に痩せる事が出来たんです。

だって考えてみてください。

せっかく痩せてもまた太ったら意味ないですよね?

ハッキリ言います、痩せるのを目標にするより、2度と太らない体を作った方が、効率が良いです。

痩せる上で
やらない方が良いこと
やった方が良いこと
外で走りに行ったりする人居ますが、あれは結局途中でしんどくなって三日坊主になってしまう人が多いんです。

人間ってのは楽な方楽な方に行ってしまうので、たまあにや、持久力が欲しい人なら走った方が良いかもですが、痩せたいだけの人は今すぐ止めた方が良いです。

効率が悪すぎますし、それをするくらいなら毎日30分歩くだけの方がましです。

僕は歩くことすらしなかったんですけど、歩くのは有酸素運動になるので体には凄く良いです。

あんまり歩かない人は、ちょっと歩いたらすぐ脚が痒くなっちゃうと思うんですけど、通ってなかった血が通ってる証拠なので、むしろ良いことです。

今貴方達がやることは太らない体を作って、2度と太らない体にすることです。

なぜ太らない体にする必要があるかと言いますと、太らない体にすることによって、好きな物を好きなだけ食べることが出来、いちいちカロリーを気にする必要もなく、キレイな体をずっと維持出来るからです。

どういう方法で
痩せる事が出来たのか
僕が実際に取り入れた方法を紹介すると、基礎代謝をあげることです。基礎代謝は上げれば上げるだけ痩せます。

太るのはこの基礎代謝が低いのが原因です。

それには筋トレが必要になってきます。僕の場合は、器具なし、家でも出来る簡単なことを毎日続けただけです。

それで2ヶ月で10kg痩せることが出来ました。

代謝が良くなると凄いことが起こります。夜に体重を測ると62kgでも朝に体重を測ると58kgまで下がってるんです。寝てる間に4kgも代謝するので、どんだけ食べても太りません。

最短で痩せる方法
僕は運動も何もしていませんでしたけど、筋トレだけを正しく出来れば貴方も2ヶ月で10kgなんて余裕で痩せれます。

しかし、有酸素運動(歩く)+無酸素運動(筋トレ)を組み合われると、僕よりももっと早く痩せることが出来ます。

僕は歩くのがめんどくさかっただけなので、歩きませんでしたが、是非試してください、この合わせは確実に痩せれます。言うならば最強ですね。

筋トレすること
によるメリット
筋トレには他にもメリットがあります。基礎代謝を上げるだけではなく、モテたり、メンタルの強化や、健康、寿命が伸びるなど…

少なくてもこれだけのメリットがあります。

一石何鳥と数えきれないくらいたくさんのメリットがありますので、本気で痩せたいと思ってる人は、是非日常に入れてみてください。

僕が2ヶ月で10kg痩せることが
出来た筋トレ方法(詳しく)
実際に僕が成功出来たその筋トレ方法が知りたい方は、有料になりますが、良かったら見てみてください。

時間を考えたら結果を出した僕の正しい方法で筋トレする方が圧倒的に効率良く痩せることが出来ると思います。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

『しゅーと式』2ヶ月で10kg痩せる事が出来た方法

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です